マネーロンダリング防止(AML) ポリシー

マネーロンダリングとは何ですか?

マネーロンダリングとは違法に得た金銭を秘匿し、資金源が合法であるかのように見せる行為を指します。当社は厳格な法律を遵守し、当社または当社の従業員や代理人が、悪意を持って間接的にマネーロンダリングに関与する活動に従事、あるいは従事を試みることを違法な行為と見なしています。私共のマネーロンダリング防止ポリシーにより投資家保護、安全な支払い手段、顧客セキュリティサービスが向上します

本人確認

マネーロンダリングに対する最初の保護手段となるのは、洗練されたKnow-Your-Client (KYC、クライアント確認) による検証です。標準的なAML規則を必ず遵守するよう、弊社では、以下の書類の提出を義務付けております。

  • 身元の証明: 政府発行の写真付き身分証明書の表と裏の鮮明なコピー(例えば、パスポート、運転免許証、国民身分証など)。
  • 住所の証明: UFXに登録されているお客様のお名前と住所がはっきりと記載されている3か月以内に発行された正式な書類。 こちらは公共料金の請求書 (例: 水道、電気、固定電話)、もしくは銀行残高証明書がご利用いただけます。 コピーには以下の情報が必要です。
    • お客様の実名
    • お客様のご住所(ビル名、番地などすべて)
    • 発行日(過去3か月以内)
    • 公式のロゴまたはスタンプがついた発行機関の名前
  • クレジットカードの表面と裏面のコピー: プライバシーとセキュリティを確保するため、クレジットカードの末尾4ケタのみが判読できるようにしてください。カード裏面の3ケタのCVVコードは隠しておいてください。

一部の国々では規制上の要件が異なるので、さらなる追加の書類を要求させて頂く場合がございます。 ご留意ください。

お客様の「顧客確認」書類が受領および承認されるまで取引することはできません。アカウントが承認される前に行われた取引については、取り消される場合があります。これらの取引により生じた損失または利益についても取り消されたり、アカウントから削除されたりする場合があります。

モニタリング

当社は第三者からのお支払いを受理しません。すべての入金はお客様ご自身の名義で行われる必要があります。そのお名前が提出されたKYC関連の書類と一致していなければなりません。AML規制のポリシーにより、引き出された資金はすべて、それが受け取られたのとまったく同じ出所に返されなければなりません。これは、最初銀行送金によって入金された資金に対して引き出し請求がなされた時には、その資金は同じ口座に返されるということを意味します。同様に、クレジットカードで入金した資金に対して引き出し請求がなされた時には、その資金は同じクレジットカードに返されます。

当社はいかなる状況下でも現金による入金を受け付けませんし、また引き出し請求が行われた場合でも現金による支払いは行いません。

報告書作成

AML規則では、疑わしい取引をモニタリングして追跡調査し、かつ適切な法執行機関にそのような活動を報告することが求められています。さらに、当社は、送金が何らかの形で犯罪活動またはマネーローンダリングに関係していると見なした場合、いかなる段階においてもその送金を拒否する権利を持つものとします。 法律により、当社は、疑わしい活動に関する報告書を法執行機関に提出した場合でも、そのことを顧客に通知することは禁止されています。

資金の源泉


要求された書類を妥当とされる期限内に提出できない場合、お客様のアカウントはブロックされます。

ご不明な点がございましたら、電子メールにてcompliance@ufx.comまでお問合せください。