トウモロコシの取引

トウモロコシは世界で最も汎用性があり、最も複雑な穀類の一つです。 米国はトウモロコシの最大の生産国であり、2013年のトウモロコシの穀粒の収穫量は記録的な139億9000万ブッシェル (1ブッシェルは56ポンド) と見積もられています。 中国とブラジルはそれぞれ、トウモロコシの生産について世界第2位と第3位となっています。 トウモロコシは、世界中で主要な商品となっており、動物用の飼料から加工食品中のコーンシロップ、エネルギー源として使用されるものまで、あらゆるところで使用されています。

トウモロコシ価格に影響を及ぼす可能性のある要因

  • 3月から9月まで、価格は、市場の供給への予測によって強く影響を受けます。 予測は、作付け面積、天候と生育具合に基づく予想収穫量によるもので、USDAによって毎週報告されます。 予測は急に変わる場合があり、これが価格のボラティリティにつながります。
  • 平均的な年では、米国のトウモロコシ作物の3分の1はバイオ燃料を生産するために利用されています。 米国のEPA (環境保護局) は、より大きなエネルギー政策の一環として、エタノールに使用されるトウモロコシの量の増加を現在要求しています。 このことは、特定の季節におけるトウモロコシの生産量に応じて、価格を押し上げるまたは押し下げる要因になります。
  • 天候が季節外れだった場合、予想された量のトウモロコシの生産ができず、需要と価格の急上昇につながります。 余剰分があれば、価格は下落します。 したがって、トレーダーは天候、そして、天候がトウモロコシの収穫量に与える影響を注意して見なければいけません。
  • 中国、南アメリカ、ウクライナの農家は現在トウモロコシにより多くの作付け面積を当てています。 トレーダーは、この供給増に見合うほど需要が増加するかどうか、またそれがどのように価格に影響するかを考えなければいけません。

トウモロコシの取引を希望される方は、価格に影響を及ぼす可能性がある多くの要因について意識しなければいけません。

トウモロコシを取引する