天然ガスの取引

天然ガスは、住宅用建物で熱源として使用されますが、商業用途や工業用途でも使用されている化石燃料です。 天然ガスは、商業的に利用するには、濾過する必要があるその他の元素も含んでいます。 エタン、プロパン、ブタン、ヘリウム、硫化水素はすべて、濾過工程で排除されますが、そうしたものは精製業者が販売します。 天然ガスそれ自体は、石油製造で生じる役に立たない「副産物」と以前は考えられていました。 しかし、ここ数年の技術の進歩により、天然ガスは最もクリーンな燃焼をする化石燃料になりました。 原油よりも効率性が高く、環境にやさしいと考えられている天然ガスは、最もクリーンな燃焼をする化石燃料です。また、天然ガスを採集して、輸送し、流通させるための方法は絶えず改善されています。 天然ガスは、液化天然ガスに転換しないと保存するのが難しくなります。 ほとんどの天然ガスは、ガス田からパイプラインによって直接供給されています。

天然ガスの価格に影響を及ぼす要因

  • ガスを輸送する際の問題を解決するために、液化天然ガスが現在市場に足場を確保しつつあります。 液化天然ガスを生成するコストは下がっており、原油の輸出入に代わりうる代替物としての可能性が高まっています。
  • カタールは世界的に見て液化天然ガスの最大の輸出国で、天然ガス生産のリーダーとしてのみならず、LNG輸出における世界のリーダーとしても急速に成長しています。
  • 天然ガス産出国の政治的不安が、世界における輸出と供給に影響を及ぼすことがあります。
  • 天然ガスを取引する場合、天候も需要と供給に影響を与えます。 天然ガスは家庭の暖房用に使用されるので、気温が寒くなったり、暖かくなったりすると、価格に影響が出る場合があります。

新しいテクノロジーが、天然ガスを信頼できる原油の代替物にしています。 需要は増大していますが、地域での不安定性が、特に中東での不安定性が、価格に影響する場合があります。 天然ガスの取引を希望される方は、価格に影響を及ぼす可能性がある多くの要因について意識しなければいけません。

天然ガスを取引する