原油の取引

原油は地球に存在する化石燃料で、何百万年にもわたって化石化した動植物によって形成されました。 原油は様々な石油製品へと精製されますが、その中で最も一般的なものがペトロール、すなわちガソリンです。 原油は軽質原油と重質原油、およびスイート原油とサワー原油として分類されます。 軽質でスイートな原油の方が好まれます。これはそうした原油の方が、市販するまでの精製の作業が少なくて済むことが理由です。

原油価格に影響を及ぼす要因

  • OPEC: 石油輸出国機構 (OPEC) は、加盟国間で生産量を増加させたり減少させたりすることにより、石油価格に影響を与えることができます。
  • 石油は米ドルで価格をつけられるため、ドルが下落すると、一般に石油価格が上昇し、またその逆も起こりえます。
  • 季節外れの天候など、季節的な事象も同様に石油価格に影響します。 テクノロジーの進歩は、タールサンドとオイルシェールのような原油開発の代替テクノロジーをより身近なものにしました。 これらの代替物には、今後数十年にわたって燃料を提供できるだけの潜在的可能性があります。 この分野でのいかなる進展にも、価格に影響を及ぼす潜在的可能性があります。
  • 地球の気候変化はますます明白なものになっていますが、大部分の人が、これは化石燃料に私たちが依存することによる炭素排出のせいであるとしています。 近年、燃料電池、エタノール燃料、液化天然ガス、太陽エネルギーなどの持続可能なエネルギー源を開発することにより重点が置かれるようになりました。これは、それらが石油への世界的な依存を減らすことができるという、期待によるものです。

石油は最も広く取引され、需要のある商品のうちの1つです。 世界全体での石油価格の変動は、石油産出国であるか石油消費国であるかにかかわらず、各国の経済の健全性に大きな影響を及ぼす可能性があります。 原油価格の上昇あるいは下落は、石油生産の経済で成り立っている国々に影響を与えます。 しかし、石油はドルで値をつけられて売られているため、石油を輸入する国々は原油価格の変化に対してより脆弱です。 より持続可能な燃料資源に移行するための試みがなされていますが、原油には今なお高い需要があり、埋蔵量が限られているという事実に変わりはありません。 原油取引を希望される方は、価格に影響を及ぼす可能性がある多くの要因を認識し、取引の前に事態の進展を注意深く観察しなければいけません。 UFXはトレーダーの成功に全力を尽くしており、原油の取引で十分な情報に基づいた決定を行えるようサポートを行っております。

石油を取引する