金取引

金は、貴重な商品、および、富と繁栄のシンボルとして長い歴史があります。古代文明で使用されて以来、貿易と通貨を目的として使用されてきました。 最大の金の生産国は中国で、毎年370メートルトンが産出されています。 オーストラリア、米国、ロシア、南アフリカも金の主要生産国です。 

金本位制

In 1965, all major countries participated in the worldwide gold standard system known as the Bretton Woods arrangement, where paper currency was linked to the price of gold. 

しかし、1971年にニクソン大統領が米国における金本位制度を終了させました。今日では、金本位制度を行っている国はありません。 金本位制が排除されると、金の価値は劇的に増加します。 1971年から1980年にかけて、1オンスの金の価格が35ドルから850ドルに急騰しました。 

金融危機と経済が不安定な時期には、金は安全な投資先と見なされるため、金価格は上昇します。 世界経済が不安定な時には、金本位制度への回帰するべきだという議論もありましたが、今のところ、それは単なる理論上の話のままです。 

金価格に影響を及ぼす要因

  • 金は、電子機器で広く使用されています。 どんなスマートフォン、コンピューター、あるいはケーブルも恐らく金を含んでいるでしょう。 電子テクノロジーの急速な進展は、金に対する需要を継続させるでしょう。 
  • 金の産出量は需要を満たすことができないため、価格は高く維持されたままです。 この状況は今後数十年にわたり悪化すると予想されています。 供給は需要を満たすことができないため、毎年1,000トンの不足が生じています。 
  • インドは、年間概算700トンの金を消費しており、現在世界における金の最大の消費国です。 この数は上昇し続けています。また、インドの金に対する需要が、恐らく今後数年間にわたって、金をさらに高い価格に導くでしょう。 
  • 様々な国で景気後退や金融危機が生じているため、金投資への回帰が促進されています。 世界の政治情勢だけでなく先進国の経済安定性をモニターすることが重要です。 

金取引を希望される方は、価格に影響を及ぼす可能性がある多くの要因のことを考慮して、自分自身で分析しなければいけません。 

金を取引する