銀取引

銀は利用可能な金属の中で最も白く、最も展性があって、最も高い導電性を備えています。武器、宝石、器具、機械類、国際的商業活動など、何世紀にもわたって様々なものに使用されてきました。 銀は通貨として世界中に使用されてきました。様々な国々が銀から鋳造されたコインを使用しています。 多くの国の経済が紙幣に移行しましたが、そうした紙幣は銀または金により裏打ちされていました。 実際、英ポンド (pound sterling) は、1ポンドのスターリング銀 (stering) の価値があると見なされたという事実からその名前が付けられました。 米国のドル紙幣も銀と金で裏打ちされていました。 南北戦争後、銀の使用が中止され、ニクソン大統領は1971年に金本位制を終了させました。 この決定は、金と銀に強い公的需要を生じさせ、価格の急騰が起こりました。 金・銀による裏付けが排除されるとすぐに、これらの貴金属に対する需要は急上昇し、また価格も急激に上昇しました。 貴金属に投資することは、インフレーションに対して安全策を取るためのよい方法と考えられています。 銀は金ほど希少ではありませんが、通貨に重要な影響を及ぼしており、価格は常に金の価格と連動してきました。

銀価格に影響を及ぼす要因

  • 世界中の産出量に関する数字が価格に影響するでしょう。 貴金属として、銀の価格は市場におけるその可用性で決まります。
  • インフレが進行すると、人は一般に金と銀を使って投資のリスクを分散するでしょう。 需要が増加するに連れて、価格は需要の伸びと共に上昇するでしょう。
  • 銀の価格は、金の価格と連動する傾向があります。 傾向を見ると、金の上げ下げに応じて銀も同じような動きをします。
  • 銀はまた工業用途で、特にエレクトロニクス、写真、および自動車業界で使われています。 銀に対する業界の需要も同様に価格を押し上げることがあります。

銀の取引を希望される方は、価格に影響を及ぼす可能性がある多くの要因について意識しなければいけません。

銀を取引する