ダウ工業株30種平均の取引

ダウ工業株30種平均 (DJIA) は、米国で最大の株式上場企業の30社で構成された指数です。

構成銘柄には、 AT&T、ボーイング、シェブロン、コカ・コーラ、ゼネラル・エレクトリック、インテル、IBM、JP・モーガン・チェース、マクドナルド、マイクロソフト、ナイキ、ベライゾン、ビザ、ウォルマート、ディズニーなどがあります。 指数の構成は定期的に変更され、最も強力な会社が含められるようになっています。そして、リードする立場を失った会社や影響力を無くした会社は排除されます。 

ダウは1896年にウォール・ストリート・ジャーナル誌の編集者であったチャールズ・ダウによって作られ、それ以来市場全体の状況を説明するうえで最も頻繁に引用される指数になりました。 ダウ・ジョーンズ指数は各市場全体にわたって様々な指数を用意していますが、ダウ工業株30種平均が常に最もポピュラーなものになっています。 

ダウ: 知っておくべきこと

When TV financial commentators say “the market” is up or down, they are generally referring to the Dow Jones Industrial Average. 

  • ダウは、自然災害、戦争、政治的不安、経済ニュースなどの世界の出来事に反応します。 ダウを取引する際には、最新の出来事を注視し、そういった出来事に市場がどう反応して動いていくかを予測する必要があります。 
  • また、この指数は失業率、雇用創出、金利、GDPの数値、その他の経済的ベンチマークなどの経済報告に基づいて変動します。
  • ダウは株価平均型株価指数です。これはつまり、1株当たりの価格が高い株が、より低い価格の株に対して平均でより多くの影響力を持つ、ということを意味します。 このため、ダウは市場を不正確に説明するとして非難されてきました。 より大きく加重された株に対する株価の大きな動きは指数に反映されますが、かならずしも市場全体の状況を反映したものにはなりません。 
  • ダウの動きは、価格の変動幅が大きい場合に、市場全体の動きに対応する傾向があります。 しかし、経済がますますグローバル化する中でダウはもはや市場の健全度を正確に反映していないと多くの批評がなされています。 このことは、指数内の個々の株式を購入する場合には重要かもしれませんが、ダウを指数として取引するには、指数それ自体を分析することや、それに影響を与える要因を分析する必要があります。 

どんな投資にも当てはまりますが、ダウを取引する場合、取引を開始する前に注意深く市況を分析することが必要です。 

ダウ・ジョーンズを取引する