ナスダック100指数の取引

ナスダック100とは?

ナスダック100は、ナスダック取引所に上場された大手の金融以外の会社トップ100社で構成されています。 指数に採用されており、注目すべき会社は、 アマゾン、コムキャスト、シスコ、eBay、グーグル、マリオット、バイアコム、Whole Foods、Yahooとなっています。 

ダウ工業株30種平均と異なり、米国以外に拠点を置く会社 (金融会社以外の会社) も含まれます。また、修正された時価総額加重平均型株価指数 (S&P 500同様) で計算されます。 この修正により、大手の会社からの影響を縮小し、多様性が増加されます。 

ナスダック 100とナスダックコンポジット指数を混同しないように注意してください。ナスダックコンポジット指数はナスダック証券取引所に上場されたすべての株を指数化したものです。

ナスダック 100:知っておくべきこと

  • 会社がこの指数の構成銘柄に選ばれるためには、ナスダックのみで上場されていなければならず、毎日の平均取引出来高が200,000株で、そして何より大切な要件として、四半期ごとおよび通年の報告書を常に更新していなければなりません。
  • 指数は1年に一度見直しが行われ、前年度の (10月の最終取引日の時点での) 株価および公に発表された合計株式数 (11月の最終取引日のもの) に基づいて調整が行われます。 各会社は、その株式時価総額に基づいて、除外されたり追加されたりします。 こうした変更は、変更が予想された時、影響を受ける会社の株式価値の変化に結びつくことが多くなっています。 すべての変更が、変更の5営業日前までにプレスリリースで発表されます。 
  • ナスダック100を取引する場合、PMI (開場前指標) を追跡調査することが役に立つかもしれません。 この指標は、開場前取引の最後の売り価格に基づいて始値を予測し、夜間のニュースを考慮に入れるもので、トレーダーが値動きを予測するのを助けます。 
  • ナスダック取引所で取引される株は、テクノロジーセクターに極端に傾いたものになるため、より不安定になる傾向があります。これは、指数もまた速く動く可能性があることを意味します。 トレーダーがこの指数の取引を決定する場合、このことを念頭に置いておくべきです。 

ナスダック 100指数で取引を希望する方は、取引を開始する前にまず注意深く関連する要因を分析しなければいけません。 

ナスダック100を取引する