日経225指数の取引

日経225は、東京証券取引所で最も頻繁に引用される指数で、米国のダウ工業株30種平均に匹敵するものです。  1950年に指数の計算を開始した日経新聞にちなんで命名されています。 日経平均株価指数は、日本の様々な業界における225の会社で構成されています。 よく知られた会社には、トヨタ、ブリヂストン、キッコーマン、パナソニックなどがあります。 

ダウ同様、日経も株価平均型株価指数です。すなわち、50ドルで取引される株は、10ドルで取引される株に比べて、全体的な指数において占める割合が5倍多い、ということです。 このため、より大きな会社の方が、指数の動きにより大きく影響します。 

日経225: 知っておくべきこと

  • 日経平均株価指数は、最もボラティリティの大きい取引が行われる指数であるという評価を得ています。つまり、鋭い値動きをする傾向がある、ということです。 2013年には、日経はおよそ10,600で開始して15,942でピークに達した後10%急落し、その後回復しました。 専門家は、日経は勇気のある経験を積んだトレーダーが取引するのに向いていると語っています。 
  • 日本経済は輸出に基づいたもので、その相手先はほとんどが米国です。 このため両国の経済は結び付いたものになっており、このため日経も米国の市場と指数の動きに連動します。 
  • 日経で取引するには、米国の市場で何が起きているか常に注視している必要があります。 ダウが上昇すれば、通常の場合、日経も翌日上昇します。 
  • このため、適切なタイミングで取引することが非常に重要です。 前日からの傾向をうまく利用するためには、東京の取引日の最初の1時間で取引することが鍵になります。 一般的に言えることは、ダウが上がったら買い、下がったら売ることです。 
  • 日経は、自然災害、戦争、政治的不安、経済ニュースなどの世界の出来事に反応します。 さらに、失業率、雇用創出、金利、GDPの数値、およびその他の経済的ベンチマークなど、米国に関する経済データを追跡調査することが重要です。

日経225を取引する