DAX指数の取引

DAX (ドイツ株式指数) は、フランクフルト証券取引所で取引されるドイツで最も大きい会社30社で構成されています。 ドイツは単一国家としてはヨーロッパ最大の経済力を備えており、このため、DAXは注目すべき影響力のあるヨーロッパの指数となっています。 DAX 30の構成銘柄である会社には、BMW、シーメンス、アディダス、ドイツ銀行などがあります。 同指数に組み込まれている30社が、フランクフルト証券取引所の株式価値の75%を占めています。 DAXはドイツの経済を説明するうえで最も頻繁に引用される指数です。米国のダウ工業株30種平均と比較されることが多くなっています。

DAX 30: 知っておくべきこと

  • フランクフルト証券取引所では80以上の異なる国々にある会社の株式が取引されています。市場に参加している会社の多くはドイツ外に拠点を置く会社であることから、DAX 30の指数は世界市場からより影響を受けやすくなっています。
  • DAXは、時価総額加重平均型株価指数です。これはつまり、発行済み株式総数の市場価値によって株式の価値が計測されることを意味します。 構成銘柄となる会社は、時価総額と注文板の数量に基づいて選ばれています。また、構成銘柄は四半期ごとに見直しが行われています。
  • DAX 30のほとんどの会社は米国でも取引されており、したがって、米国市場の傾向を見るうえで優れた指標として役立ちます。 ヨーロッパの市場セッションは、北米市場の取引開始時間に先行しているため、米国市場がどの方向へ向かうかということについて、優れた指標を提示することが多くなっています。
  • DAXは、他の市場指数と同様、自然災害、戦争、政治的不安、および経済ニュースなどの世界の出来事に反応します。 スマートなトレーダーになるためには、最新の出来事から目を離さないようにして、市場がどのように反応するかを予測する必要があります。 さらに、失業率、雇用創出、金利、GDPの数値、およびその他の経済的ベンチマークなど、ドイツと欧州連合に関する経済データを追跡調査することが重要です。

DAX 30指数の取引を希望する方は、取引を行う前に市況を注意深く分析しなければいけません。

DAX 30を取引する