S&P 500指数の取引

S&P (スタンダード・アンド・プアーズ) 500指数は、その名前が示す通り、500社の株式公開会社で構成され、ダウ工業株30種平均 (DJIA) に次いで2番目に多くフォローされる指数です。 S&P 500はDJIAよりも大きく、より多様性があり、米国の株式市場の総価値の約70%に相当します。 構成銘柄となっている会社はここでリストするにはあまりにも数が多すぎますが、それらは主要なセクターを代表するものであり (ほとんどが米国のもの)、アマゾン、バンク・オブ・アメリカ、Facebook、ジョンソン・アンド・ジョンソン、サウスウェスト航空、およびゼロックスなどが含まれます。 構成銘柄は定期的に更新されます。 株式がこの指数に含まれるためには、委員会の審査に合格し、時価総額および毎月の出来高に関する特定の基準を満たす必要があります。 S&P 500: 知っておくべきこと

  • S&P 500のサンプルはより大規模なものであり、かつ多様性があるため、ダウ工業株30種平均に比べて、市場全体に関してより優れた指標が提供されます。 株価平均型株価指数ではないため、一部の人は、DJIAよりもS&P 500の方が市場の方向性を知る上でより優れた手段になると考えています。
  • S&P 500は、かつては時価総額加重平均型株価指数でした。これはつまり、より高い株式時価総額を持つ株式の価格の動きが、指数に対して大きな影響力を持つ、ということを意味します。 その後、これは変更されました。 S&P 500は現在、浮動株修正による時価総額加重平均型指数です。これはつまり、時価総額 = 株価 x 発行済み株式数、で計算されるのでなく、公的に取引に利用可能な株式数 (「浮動株」と呼ばれます) によってのみ時価総額が計算される、ということを意味します。
  • S&P指数取引は非常に人気があります。 専門家は、取引に最も望ましい時間は取引日の早い時間帯であり、日中の時間帯は最も弱い時間帯だと言っています。
  • S&Pは、自然災害、戦争、政治的不安、および経済ニュースなどの世界の出来事に反応します。 さらに、失業率、雇用創出、金利、GDPの数値、およびその他の経済的ベンチマークなど、米国に関する経済データを追跡調査することが重要です。

 

S&P 500を取引する