アマゾン (AMZN)

会社の歴史

ジェフ・ベゾスが1994年に設立したアマゾンは、世界最大のオンライン小売業者です。 本社はワシントン州シアトルにあります。 ベゾスは、オンラインで販売できるトップ商品は何なのかを研究しました。 彼が選んだのは書籍でした。書籍の需要は大きく、価格も低いからです。また、膨大なタイトルが利用可能です。 2か月以内に、アマゾンの売上高は、1週間当たり20,000ドルに達しました。 

最初に成功した後、アマゾンは、DVD、mp3ダウンロード、家具、衣類、玩具、食品、宝石など、より多くの商品を非常に急速に追加しました。 アマゾンは、電子書籍リーダーおよびタブレットであるKindleも生産しており、電子書籍の販売も行っています。 

アマゾンはグローバルな会社で、米国、英国、フランス、カナダ、イタリア、ドイツ、スペイン、オーストラリア、ブラジル、日本、中国、インド、メキシコ、およびその他の国々に個別のウェブサイトを持ち、また多くの国々に配送を行っています。

アマゾンの取引: 知っておくべきこと

  • アマゾンのIPO (新規株式公開) は1997年5月15日で、1株当たり18ドルの価格で売り出されました。 ほとんどの他のインターネット関連の会社同様、アマゾンもナスダック取引所で取引されています。
  • アマゾンの最初の事業計画では、4~5年間は利益が出ないだろうと考えていました。 株主は、当初は成長が低いことについて不満を漏らしていましたが、2000年のドット・コムのバブルが弾けた後でもアマゾンは生き残り、利益を出し始めました。 
  • アマゾンの売上高の40パーセントは、Amazonアソシエイトと呼ばれる同社のアフィリエイトプログラムおよび第三者販売業者から来るものです。
  • アマゾンはクラウド コンピューティング サービス提供のリーダーです。 クラウド・ソリューションはますます重要になっています。したがって、アマゾンが市場の一角を占めることができれば、成功は続くでしょう。  
  • アマゾンの会員サービスであるAmazonプライムは、無料の2日間配送、動画ストリーミング、およびその他のサービスを固定価格で提供しています。 このサービスの価格が引き上げられると、同社の株価を押し上げる、または押し下げる可能性がありますが、これはそのニュースに対する消費者のリアクション、そして、人々がAmazonプライムのために喜んで追加料金を払うかどうかで決まることです。 

アマゾンはオンライン書店としてスタートしましたが、わずか10年でインターネット上のスーパーマーケット、テクノロジープラットフォーム、サービスの提供とロジスティックスのためのプラットフォーム、そして広告やその他のためのプラットフォームになりました。 アマゾン株の取引を希望する方は、取引を行う前に同社について調べ、分析を行わなければいけません。 

AMZNを取引する