マイクロソフト (MSFT)

会社の歴史

マイクロソフトは、世界トップクラスのコンピューターテクノロジーの会社の1社です。 マイクロソフトはWindowsのオペレーティングシステムで知られています。これは世界で最も多く使用されているオペレーティングシステムです。 ビル・ゲイツとポール・アレンがニューメキシコ州アルバカーキで1975年にマイクロソフトを設立し、比較的新しいパーソナルコンピューティング市場用に初期のオペレーティングシステムを開発しました。 

1980年までは、マイクロソフトのオペレーティングシステムはIBMのパソコンにバンドルされていました。 1990年代になって、Windowsの様々なバージョンがPC市場を支配しました。 革新的なスタートボタンを備えたWindows 95のインターフェースは、瞬く間にPCユーザーの間で人気を獲得しました。 その後、マイクロソフトは他の市場にも進出を開始しました。 MSNBCのケーブルニュース ネットワーク、XBOXのビデオゲームシステム、スマートフォン、そしてタブレットは、ここ数年間で生まれた革新的製品の一部です。 

マイクロソフトの取引: 知っておくべきこと

  • マイクロソフト株式会社 (MSFT) はナスダック取引所で取引されており、ダウ、ナスダックおよびダウコンポジットの3つの指数の構成銘柄となっています。 同社の株は、1999年に1株当たり180ドルの最高値に達しました。  
  • アナリストは継続的な安定成長および高配当率を予想し、長期的な買い銘柄としてマイクロソフト株を推奨しています。
  • マイクロソフトは、現在クラウドコンピューティングの開発に関して第2位の会社となっています (アマゾンが第1位)。 テクノロジーの将来はクラウドソリューションと深く結びついているため、マイクロソフトが優位を保ってクラウドにおける同社の市場占有率を確保できるかどうか、見守ることが大切でしょう。 

マイクロソフト株は、テクノロジーセクターの他の多くの株式に比べてボラティリティは低いですが、長期的投資先を求めている誰にとっても、依然として良い選択肢になっています。 マイクロソフトがクラウドコンピューティングへのシフトにどのように適合できるか、そしてどのようにグーグルやアマゾンのような会社に対してその優位性を保てるかどうかは、今のところ不明です。

マイクロソフトの取引を希望する方は、取引を行う前に市況を注意深く分析しなければいけません。 

MSFTを取引する