アメリカン・ インターナショナル・ グループ (AIG)

会社の歴史

AIGとして一般に知られているアメリカン・インターナショナル・グループは、ニューヨーク市に拠点を置く保険会社で、130か国以上で事業を展開しています。 AIGは生命保険、抵当保険、損害保険、および退職後サービスを提供しています。 創立者であるコーネリアス・バンダー・スターは、中国の上海で1919年に損害保険の代理店を始めました。 同社はアジア全体で急速に成長し、1926年にスターは、米国国際保険会社 (AIU) という名称で米国に事務所を開設しました。 1939年には、同社の本社が中国からニューヨーク市へ移転しました。 

AIGは、1967年にスターの様々な保険関連事業の傘下組織として法人化され、1969年に株式が上場されました。

2008年のサブプライムローン危機後で、AIGは連邦準備制度理事会によって救済されました。 AIGは、サブプライムローンが担保となっていた有価証券を数十億ドル分保有していました。 そうした有価証券の信用格付けが格下げされ、それによって引き起こされた一連の出来事のため、同社は実質的に破産するに至りました。これを受けて米国 連邦準備銀行が介入し、同社が倒産するのを防いだのです。 政府によるAIGの「救済措置」は米国史上最大のものでしたが、これにより政府が実質的にAIGを所有することになりました。  

救済措置の後、AIGは会社の規模を縮小することに集中し、救済融資の返済を行うために事業の一部を売却しました。 2012年に財務省が一連の公募でAIGの株式を売却した時、米国政府に全額返済され、結果的に投資から実際に利益を得ることができました。 

AIGの取引: 知っておくべきこと

  • 政府による救済措置により株価が下落し、AIGの評判が非常に悪化しました。 このマイナスのイメージは同社の割安評価につながりました。 株価は平均と比較するとまだ割安評価されています。これは、今こそ同社の株式を購入する時期だということを意味します。 
  • 救済措置以来の数年間で、AIGは債務を返済し、優れた経営を行い、今後安定した成長率を達成できるよう事業再編を行なっています。 AIGは現在、ヘッジファンドのマネージャーのお気に入りとなっており、これは同社が2008年の危機から十分に回復したことを示しています。 
  • 金利は、低金利が数年間続いた後は上昇する可能性があります。 金利が引き上げられると、AIGが利益を得ることになります。

AIG株の取引を希望する方は、取引を行う前に同社の最新の動向を注意深く調査しなければいけません。 

AIGを取引する