Canopy Growth Corporation (CGC)

会社の歴史

Canopy Growth CorporationはTweed Marijuana Inc.の新しい社名で、同社は2014年にカナダのオンタリオ州で友人であるBruce Linton氏とChuck Rifici氏によって設立されました。 同社が社名を2015年に変更した理由の一部は、マリファナや大麻がいまだに悪い評判を持つ国々の投資家に対してより魅力的なものにするためでした。

同社は2018年5月にニューヨーク証券取引所にてCGCとして取引を始めました。Lintonは現在の共同CEOであり、Mark ZekulinはCGCの社長も兼任しています。Canopyは来る大麻ブームに当初から参入しており、カナダ政府が苗の製造、販売、使用を完全に合法化すると正しく予測していました。2018年10月17日にカナダで法案が成立しました。

ホームビジネスとしての原点から、元ビール工場を使用してCanopy Growthは一躍富と名声を得ました。同社の時価総額は2018年10月までに140億ドルに達し、Linton氏はカナダのビジネス機関によって同年を代表するCEOに選ばれました。

Canopy Growthの取引: 知っておくべきこと

  • CGC株の初値はいくらか過大評価されていました。30.85ドルで取引を開始し、取引終了時には28.20ドルまで6.22%の若干の落ち込みを見せました。これは、トロント証券取引所 (TSX)における初日の自己資本が74億8000万ドルに達したことを意味します。
  • 2019年1月3日現在、ニューヨーク証券取引所でのCGC株価は28.92ドルです。初日の株価をとても堅実に維持しています。これは、将来の医療用大麻市場に対する信頼が高いものであるという事実を反映しています。
  • カナダは、G7またはG20諸国において合法化に踏み切った最初の国となりました。これは、一部の投資家にとっては、他の主要経済国が追随するだろうという励みになります。これらの国々は、カナダにおける法律の相対的な成功または失敗に注目するでしょう。CGC株価はこれらの動きに対する信頼感をフォローすると思われます。
  • CGCは大麻をソフトキャンディに取り入れた、ソフトジェル開発にて先行しています。これは、将来同社の成長分野として予測されている精力剤市場への取り組みです。
  • 2018年11月、CGCはビール、ワイン、蒸留酒を製造するConstellation Brandsとの契約を締結しました。これは同社に50億ドルの価値をもたらします。 CGCは睡眠補助剤を含め、飲料品に大麻を取り入れることを目指しています。
  • CGCは、オーストラリア、ブラジル、チリ、チェコ共和国、デンマーク、ドイツ、ジャマイカ、レソト、スペインで事業を営んでいます。 これらの事業は、製薬会社と大麻生産者を組み合わせたものです。
  • 2019年中にCGCの株価は50ドルを超えると一部では予想されています。

Canopy Growth株を取引する際には、取引前にこの業界の現在の状況を注意深く分析することをおすすめします。

CGCを取引