EUR/USD

EUR/USD(ユーロドル)の歴史

EUR/USD外国為替ペアの取引は、「ユーロ取引」と呼ばれています。

珍しい呼称ではありませんが、ユーロ取引は1日の取引量の平均が、あらゆる通貨の総取引量の28%を占め、最も人気のある通貨ペア取引となっています。

ユーロはユーロ圏17ヵ国の統一通貨です。 ヨーロッパの統一通貨という考えは数十年にわたって議論されていましたが、それがようやく現実となったのは20世紀の終わりのことでした。 ユーロは1999年に導入され、以来世界で第1位の米ドルに次いで、2番目に広く使用される準備通貨となりました。

ユーロの取引: 知っておくべきこと

  • 欧州中央銀行(ECB)が、このペアの価値に主な影響力を持っています。 通貨価値がどちらの方向に動くかの判断のためには、この銀行による金利決定や、その他の重要な政策の発表を見守ることが大切です。 ECBの月次発表の後に銀行総裁が記者会見を行い、銀行の決定について詳しく語ります。
  • ユーロ圏には、為替の動向の予測に役立つ重要な経済指標が他にもいくつかあります。 これらの要因には以下のものがあります。
  1. ドイツZEW景況指数: ユーロ圏で最大の経済国家であるドイツの経済データは、ユーロ圏全体の経済状況を反映することが多くなっています。
  2. 様々なPMI: サービス、建設、製造の購買担当者景気指数(PMI)を観察していると、経済の全体的な方向性が見えてきます。
  3. 消費者物価指数(CPI):    CPIは、一般的にはインフレの水準を測定するために使用されます。 フランス、ドイツ、ユーロ圏のCPIは、全体としてECBの政策金利発表の指標として利用できます。
  4. 10年物国債入札(スペインとイタリア): ユーロ圏で経済的に最も脆弱な2国であるがゆえに、国債入札の金利が為替レートに影響を及ぼす場合があります。
  • 米国経済データもまた、EUR/USDレートに影響を及ぼします。 注目しておきたいいくつかの事柄としては、 失業手当申請件数などの雇用データ、消費者物価指数、小売売上高の伸び、金利の発表、購買担当者景気指数(PMI)があります。

UFXは、低い固定スプレッド、使いやすい取引プラットフォーム、世界クラスのサポートにより、ユーロ取引を簡単に開始していただけるようにしております。

EUR/USDを取引する